霞に雪輪取り文様の紫色のつくり帯

¥10,000価格
  • 紫地の上に、霞や雪輪取りの中に小さなカモミールや桔梗の白い花が咲いています。

    雪が文様として使われるようになったのは室町時代からですが、現在は夏にも用いられます。雪によって冬を想像させ、涼感を得るという日本人の感性によるものでしょう。

  • ・生地:絹

    ・セット内容:帯のみ

    ・破損・ダメージ:なし

    ・破損・重大だと思われるダメージされた場合の賠償額:15,000円

    *ご金額は1泊2日の場合の金額です。