藤文のピンクの鹿の子絞りの着物

¥10,000価格
  • 淡いピンクの絞りの着物です。華麗な花が稲穂に似ていることから、藤は豊作を願う花として珍重されたといいます。平安後期、藤原氏全盛のときに、藤は高く評価されて文様としても完成しました。

  • ・生地:絹

    ・サイズ:身丈157cm・裄62cm・袖丈56cm

    ・セット内容:着物のみ(着付けセットのご希望の方は無料でおつけしますのでご注文の際にお申し付けください)

    ・破損・ダメージ:肩とお裾にシミあり。メイン役よりエキストラ向けです。

    ・破損・重大だと思われるダメージされた場合の賠償額:13,500円

    *料金は1泊2日の場合の金額です。